読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「もしTravis Japanがホグワーツ魔法魔術学校の生徒だったら」

 

 Q.遊さんが最近ツイートしているトラジャでハリポタ妄想が楽しかったです。設定を詳しく教えてください!また、フォロワーさんとのハリポタ妄想も追加があったらぜひ紹介してください!

 

A.

                             f:id:melsea:20131222200159j:plain

まず、そもそも「トラジャ」って何?という方にご説明します。

 

Travis Japan》

昨年、今井翼くん座長の舞台「PLAY ZONE SONG&DANCE Part2」のために、振付師のトラビス・ペインの選抜により結成されたグループ。略してトラジャ。川島如恵留、森田美勇人、七五三掛龍也、仲田拡輝の4人(通称:兄組)と、阿部顕嵐、宮近海斗、梶山朝日、中村海人、吉澤閑也の5人(通称:弟組)の総勢9名で構成される。兄組は一昨年はJR.A、3年前はS.A.D.としてプレゾンに参加していた。

 

という訳で、「もしTravis Japanがホグワーツ魔法魔術学校の生徒だったら」というテーマで各個人の設定を書いていきます。ファンの皆様のイメージと異なることもあるとは思いますが一個人の妄想として楽しんでいただけたら嬉しいです。

 

まずは兄組から

 

【川島如恵留(かましま のえる)】 

勇猛果敢な者が集うグリフィンドール生。純血種である。外見から漂う清潔感と上品な佇まい、ハンサムな顔立ちから女生徒のファン多数。正義感が強く模範生、学業も優秀である。運動神経も抜群で、クィデッチではチェイサー兼キャプテンを務める。彼のアクロバティックな箒捌きに腰砕け、バッタバッタと軒並み倒れて行くファンの光景は一種の名物である。美勇人と七五三掛とは幼馴染であり、性格も寮もバラバラだが、入学してから仲良くなった拡輝も含めた4人でよくつるんでいる。占い学が得意という特殊な面を持ち、女生徒の相談に乗ることも多い。トレローニー先生からは「将来は『女性は銀水晶』という著書で一躍イケメン占い師として名を馳せる」と予言され先生のお気に入りになっている。守護霊はライオン。

 

【森田美勇人(もりた みゅうと)】 

機知と叡智に優れた者が集うレイブンクロー生。純血種。スラリと伸びた背にローブを纏い、青とブロンズのラインが入ったネクタイをゆるく結んでいる。胸元にはキラリと監督生バッジが光る。非の打ち所がない容姿をもち、長い手足を持て余している。幼馴染の七五三掛の面倒見係でもあり、美勇人が得意な魔法薬学の課題を手伝ってあげることもしばしば。はたから見るとコキ使われているようだが、本人は特に嫌がっている訳でもなく満更でもなさそうだ。自分に近付く女生徒が七五三掛により阻まれていることに全く気付かないふわふわした一面もある。クィデッチではチェイサーとキャプテンを兼任している。スタイリッシュな箒捌きは如恵留とは違う個性で観客を魅了する。監督生ではあるが規則違反には寛容な所があり、自分もホグワーツの抜け道を熟知している。後輩に忍びの地図を渡し、人差し指を唇にあててウインクしながら去ったエピソードが女生徒の間でたちまち広がる天然の色男。守護霊は鷲。

 

【七五三掛龍也(しめかけ りゅうや)】 

狡猾な者が集うスリザリン生。純血種でありそのことを自分のアイデンティティーとして誇りに思っている。ジャイアンツ気質であり、幼馴染の如恵留や美勇人を振り回し先輩であるにも関わらず拡輝を勝手に舎弟としてパシっている。ご機嫌を損ねると「呪っちゃうよお?♡」と口走りマンドレイクを投げつける。自分より可愛い容姿の女生徒が美勇人たちに近付くのが許せないのであらゆる手段を使って恋路を邪魔する。監督生の美勇人に仮病を使って医務室に連れていってもらう女生徒を見ようものなら「みゅうとぉ…ボクもお腹痛い…」と女優ばりの演技で甘えておんふしてもらう。その時の女生徒にだけ見せる勝ち誇った表情は見ものである。平気で「ブスウ〜!」と罵るが持ち前の可愛らしさがあるので何故か許されてしまう稀有な存在。それが通じないのがマクコナガル先生とスネイプである。特に苦手教科が魔法薬学のため、スネイプに睨み付けられ涙目になることもある。しかし出された課題は美勇人にやってもらう。守護霊は蛇。

 

【仲田拡輝(なかた ひろき)】

心優しく勤勉でまっすぐな者が集うハッフルパフ生。兄組の中で唯一のマグル出身である。持ち前の人当たりの良さと明るい性格から常に人が集まる人気者。寮の垣根を越えて友人が多く、如恵留たちとは授業で同じグループになったことがきっかけで親交を深める。年下にも関わらず自分を邪険に扱う我儘な七五三掛と些細なことで口喧嘩になることが多く、「ヒロキなんてマグル出身のくせに〜!」とピーマン食べられないくせに〜!と同じノリで叫ぶ七五三掛と「悔しかったらゴーヤチャンプル作ってみろー!(?)」と反撃する拡輝の間に如恵留が仲裁に入ることもしょっちゅう。ちなみに美勇人はおろおろしているだけである。口も達者でクィデッチでは的確かつユーモアのある解説者として活躍。同席するマクコナガル先生とのコントのような掛け合いも人気である。得意教科はマグル学と薬草学。守護霊はアナグマ。

  

続いて、弟組 

【阿部顕嵐(あべ あらん)】

勇猛果敢な者が集うグリフィンドール生。純血種である。涼しげな切れ長の目元が印象的な美少年。華奢な雰囲気があるが、意外と背丈があり肩幅もしっかりしている。クールな外見とは対照的に穏やかな性格であるが、マイペースゆえか少ない口数の中に毒舌が紛れ込む。得意なのは実学で、頭は賢い方だが授業中に居眠りすることが多くやる気があまり感じられないところがある。好きな教科は闇の魔術に対する防衛術、苦手教科は魔法史。趣味は蛙チョコレートのおまけについてくる有名魔法使い・魔女のカードを集めることである。1年生からエースとして活躍する天才シーカー。宮近と仲が良く、よく2人で大広間に集まりホグズミードで手に入れたお菓子を食べ比べている。守護霊はチーター。

 

【宮近海斗(みやちか かいと)】

機知と叡智に優れた者が集うレイブンクロー生。マグル出身でいつまでも魔法界に馴染みきらない素朴さが魅力。目がくりっとしていて小柄なため可愛らしい印象を与える。控えめで大人しいかと思いきや、授業中に積極的に手を挙げ珍回答をして周りに笑ってもらうことが好きな意外な面がある。好きな教科は呪文学。理由は呪文の練習中は騒がしくしても咎められないから。フリットウィック先生の物真似が得意。何事においてもセンスが良く実技でもすぐにコツを掴むことが出来る。顕嵐と同じく1年生からシーカーに抜擢され、スマートな箒捌きで迅速にスニッチを追うのが得意。グリフィンドールとの試合では普段仲の良い顕嵐とスニッチを取り合わなければならないことを気に病んでいるが、顕嵐は特に気にしていないようだ。守護霊はネズミ。

 

【梶山朝日(かじやま あさひ)】

勇猛果敢な者が集うグリフィンドール生。マグル出身である。意志の強そうなキリッとした眉と浅黒い肌、一昔前のトレンディ俳優のような髪型が特徴的な個性的なハンサム。気性が激しく、性格がそのままクィデッチのプレイに表れており情熱的なビーターとして活躍する。同じチームの顕嵐が敵対するチームのビーターに狙われると、倍返しでブラッジャーをお見舞いする。夢中になるとチームの先輩である如恵留からの忠告が耳に入らず暴走してしまうことも。ピッタリ狙い目にヒットするとキメるドヤ顔にファンがつく。チームは違うが、同じポジションの閑也のプレイを尊敬しており、仲が良い。得意教科はマグル学と魔法生物飼育学。力みがちなのと癖が強いため、杖を使う呪文学などは意外にも苦手である。守護霊はビーバー。

  

【中村海人(なかむら かいと)】

心優しく勤勉でまっすぐな者が集うハッフルパフ生。マグル出身。背が高くがっしりとした身体つきだが小顔で愛嬌のある顔立ちをしている。一見温和に見えるが、短気で末っ子気質。風に吹かれたような髪型をしているが、そのことを先輩の拡輝に弄られるのを嫌がる。マグル出身であり毎年クリスマスには母親から手作りのイニシャルセーターが届く。移動教室の時でも常に何かを頬張っているほど食べ物が好き。好物はミートパイ。満腹なので授業中はいつもウトウト…けれど先生に注意されようが特に気にする素振りを見せないマイペースさもある。得意教科は飛行訓練。クィデッチではキーパーとして普段のんびりとした動作とは打って変わって機敏な動きを見せる。守護霊はカワウソ。

 

【吉澤閑也(よしざわ しずや)】

狡猾な者が集うスリザリン生。父親が魔法使いで母親がマグルな半純血。表情の変化に乏しく何を考えているのか分からないという理由でミステリアスな印象を持たれることが多い。実は何も考えてなかったりする。ハムスターを飼っており、常に肩にハムスターが居座っているので余計不思議な印象を与える。先輩が七五三掛というのも原因だが、人との距離の取り方が苦手に感じており挙動不審になってしまうことがある。しかし一旦打ち解けると仲間思いな優しさが滲み出たハニカミ笑顔を見ることが出来る。クィデッチではビーターを務め、情熱的な朝日とは対照的に熱を秘めた冷静かつ正確なプレイをする。失敗すると七五三掛から軽蔑した目線を浴びせられるので余計緊張してしまい悪循環に陥る場合もある。プロのクィデッチ選手として有名な山田涼介を尊敬しており、部屋にポスターを貼っている程のファン。守護霊はハムスター(偶然にも飼っているペットと同じ)。

 

 (ザ・インタビューズより 2013/8/28)